宮城県南河川テナガエビ釣りに挑戦!

今日はFストーンさんとN氏とで県南の某有名河川にテナガエビを釣りに出掛けて来ました。

テナガエビ釣り再挑戦

東北では人に話しても分かってもらえないほどマイナーな釣りであり、そもそもテナガエビ自体が身近にいるのもあまり知られていないようです。

私もテナガエビ釣りしたのは何時だっけ? 確か5年位前に一度、宮城県北の水路でタナゴついでにかじった程度でした。そんなテナガエビですが、今回は釣果狙いの本格的な釣りをと事前にいろいろ道具を揃えて準備万全で臨んでみました♪(* ̄ー ̄)v

今回の仕掛け

準備したのは、釣り竿1.8~2.7mに仕掛けは道糸1号の玉ウキ仕掛け、ウキは3号を使用でオモリは中通しオモリ0.2号の遊動式です。針は前回、極小タナゴ針で失敗しているのでハリス0.3号の専用エビ針の2号に変更してあります。

釣り竿と水面に浮いた玉ウキ
そして、めでたく釣れたエビはその場で素揚げにして食べる予定のため定番のミミズでは些か抵抗が・・・
それで、少し不安でしたが魚肉ソーセージ(予め細かくきざんでA9サイズのポリ袋に乾燥防止のために入れてあります)を使用することにしました。

石の上に置かれたポリ袋に入った魚肉ソーセージ

大きなテナガエビ

現地に朝到着すると丁度引き潮の時間、所々底が見えるぐらいの深さでしたが頻繁にアタリはあります。何度かエサを取られながらも待望の一匹! いますよ~(*^-^)

どうやら釣りのコツはエサの付け方と仕掛けを上げるタイミングみたいですね。コツが分かり始めるとポツポツですが飽きない程度に釣ることができました。

腰を掛け釣り糸を垂れる二人の人
これは、手が長いのでオスです。体はスーパー等で売られているやや小さめのブラックタイガーぐらいありますが雄雌関係なくほとんどがこのサイズ! 思ったより大きいですね。

たも網に入ったテナガエビ捨て石がある川原の風景

外道も楽しい

意外にも心配していた外道は少なめ、チチブと小さなカニ(カニは同定が難しいですね~、アシハラガニでしょうか?)が数匹だけでした。そうそう、写真はありませんがスジエビを釣った強者もおりましたよ(^^)

釣れ過ぎても全く釣れなくても面白味に掛けますがエサのソーセージが丁度良かったのだと思います。

釣られて石の上に置かれたチチブ針が付いたまま石の上を歩くアシハラガニ

本日の釣果

序盤は調子良かったんですけど、潮が満ちて日が高く昇った頃にはアタリが無くなりました。経験不足で何が原因なのかが全く・・・、長い時間沈黙状態が続いたので釣り終了です。

それでもこの釣果、ほぼ初心者のわりにはなかなか良かったのではないでしょうか。そして、予定通りすべておいしく頂きましたよ~σ(´~`*)ムシャムシャ

他の方と競合することもなく好きなポイントで好きなだけ釣りができ、今がベストシーズン! 手軽に釣って美味しく食べれるテナガエビはこの夏お勧めです。

メイホウ(MEIHO) 活きエサBAG 小 (ポンプ別売)
メイホウ(MEIHO) 活きエサBAG 小 (ポンプ別売)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『宮城県南河川テナガエビ釣りに挑戦!』へのコメント

  1. 名前:SHIGEZO 投稿日:2017/07/23(日) 12:36:51 ID:7e85fc589 返信

    おっ、テナガエビ!
    タイに出張で行った時、テナガエビの釣り堀に行きたかったのに行けなかったんでした!
    狙ってみようかな?

    • 名前:ブルーリバー 投稿日:2017/07/24(月) 01:33:12 ID:4b812ae16 返信

      近場では「釜房渓流つり」でもオニテナガエビ(アジアンブルーロブスター)
      釣れるらしですよ! 有料ですが(^^;)