八月の釣りは

数日天候不順が続いて肌寒い、というか私にしたら寒いぐらい。

毎年八月は暑過ぎてあまりいい思いをしたことがなかったので最近は出掛けようとも思ってもいませんでしたが、このところの気温の低下に今なら釣れるかもと日の出前に様子見に出掛けてきました。

落ち鮎?


久し振りの雨上がりとあってこの時間帯でも釣り人がちらほら見られます。

第一ポイントは先客有で即ボツ、移動して何時も貸し切りの第二ポイントに入ります。

水色は笹濁り程度でも水量は多く川には怖くて入れませんので藪漕ぎしての釣りになりました。

ポイントまでの川縁で死んだお魚発見! 20㎝ほどのアユですね。ここら辺では初めて見ました。

釣りをしていると河口周辺の河川敷や海岸の堤防沿いに良くタヌキやキツネを見かけるので流れ着いたらすぐに食べられてしまっているんでしょうね。

今日は天候が悪くてたまたま残っていた感じがします。

魚体は綺麗で錆びてはいませんが落ち鮎?だったらパターン炸裂するかもですo(^-^)o ワクワク

お盆に見つけた名取川落ち鮎

また出ず

最初は手持ちで一番大きなフロート系ミノーの流しから入りますが、流下が速すぎて”落ち鮎”って感じじゃないですね~これ(^^;)

それで抵抗の小さそうなのに結び変えてクロスからテンションが掛かり出し少し潜ったところ、川の中心付近でゴンッ!

おおぉ~ 釣れた。

密かに大きいの期待してましたが上げてみると60にも届かず・・・

その後もう一本同サイズを追加した頃には一時間経過していたので、去年の落ち鮎シーズンに釣果のあった上流側に移動してみました。

ここも増水の影響は大きく川幅が狭い分さらに流れが速く、ルアーがターンし始めるとロッドのティップが引き込まれ始め、短いターンが終わる頃にはルアーがブルン・ブルンいって制御不能に陥り即止めです。

それに岸沿いも根掛りが怖くて攻められもしません。

暗然たる川面に捕食シーンを見たのはたぶん気のせいでした。

名取川でお盆に釣ったシーバス
名取川で釣ったシーバス

ついに三か所目に移動して夜が明けるまで残り一時間ほどになりました。

大きいの一匹でも釣って、気持ち良く二度寝したい。

流れに向かって坦々とルアーを投げれば、まもなくまた同じようなのを一本追加します。

但しその後が悪くて・・・
集中力の無くなったところで立て続けに根掛かりさせてしまってルアーを3本もロストしました。

またもや一葉さんに羽が生えて飛んで行くー・・・(:-))| ̄|_ もうー瀕死、終了です(T_T)

名取川でお盆に釣ったシーバス

今期はかれこれ20以上釣りましたがランカーはおろか70upはゼロ匹更新中です。

いつもより釣れない中で数を求めてしまっているせいでしょうか?

荒食いの九月に期待します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする