カブトエビ探し

泳ぐヨーロッパカブトエビ
毎週休みは釣りばかりでしたが、今日はカミさんと植物園までドライブに出掛けて来ました(*^-^)


やくらいガーデンの花畑を歩く妻
行く途中は雨も降りましたが着く頃には天候も回復して気持ちの良い青空です。

やくらいガーデンの庭
庭園内には小川もあって、あまり見かけないトンボも飛んでいました。後で調べたらニホンカワトンボかアサヒナカワトンボ? どちらかのようです。


水辺にとまるカワトンボ
草にとまっているカワトンボ
帰りに今が旬のカブトエビがどうしても見たくて、カミさんにお願いして1時間の遠回りです(;^_^A ⇐ 好奇心は子供と一緒! 着いたところは田んぼのど真ん中でした。

青く晴れた空と田んぼ
この何十、何百ある田んぼすべてに発生しているわけではないようなので、一枚一枚チェック車を停めてはチェックしていきます。
探すこと40分やっと見つけました(≧▽≦)  こんな田んぼです。

カブトエビが泳ぐ田んぼ
お分かりでしょうか?
田植えはとうに終わっていますが、それなのに酷く濁っています。見えづらいですがそれでも目を凝らすと動く生き物がいます。

観察ケースに入ったカブトエビ
やっと会えましたヾ(〃^∇^)ノ♪ 田んぼ20枚目くらいでした。意外と早かったですね。

お泳ぎ回るカブトエビ
良く見るとエイリアン思い出します(・_・)


お腹を見せるカブトエビ
抱卵したカブトエビ
卵胞持ちもいました。
せっかくなので採ったこのエビは全くいない隣の田んぼにも少し放してあげました。昔、小学生の頃学研の飼育セットで育てたことがありましたが、
こんなに大きくはなかったような気がするのですが種類が違うから、または天然だからでしょうか?ここのカブトエビの大きさには驚かされました。
帰宅後にいろいろ調べてみたら今回発見できたのはヨーロッパカブトエビという種類だったようです。楽しい一日でした(*’-‘*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする