3月1日 渓流解禁日

楽しみにしていたが

泉ヶ岳に向かう早春の雪深い林道

3月1日渓流解禁日、朝早起きして目的ポイントへと向かいましたが今年は雪が多いようで車ではここまで、少し歩きます。

どうやら周りに新しい踏み後もなく入渓は一番乗り天気もよく期待が持てます。

河原にも雪が残っていて冷たそうですね。

川岸に雪残る早春の長谷倉川

トロ場を探して釣り上がること30分、未だアタリは無くもう少し先へ進もうかと上流へ顔を向けると、ハ・イ?!

50mほど先で釣り支度を始める餌師が二人いるじゃないですかー。 マジで?

普通、入渓点近くに車があれば釣り始める前に川沿いを確認して先行する釣人を発見できたら川下に入渓、分からなかったら釣っているであろう付近に入らないのがマナーだと今まで思ってきましたが、まさか俺のことに気付いてないのかなぁ・・・いや、駐車も林道沿いでしたし、こんな見晴らしの良い所で丁度良く目の前入渓なんてありえませんよ(ー_ー)!!

ここは無視して二人を追い越すべきか・・・・・・声掛けて場所を移動してもらう、または釣り下ってもらうように頼むべきか・・・・・

んん~駄目だ、どちらにしろトラブルしか想像できません(;’∀’)      

結局、まだ入渓点も近いこともありここは大人の対応で、自分が退渓することにしました(TдT)

雪残る3月の長谷倉川

もうどうしようもない

後は時間との勝負、釣り場を求め入渓点を車で回りますがもう時すでに遅し、入渓ラッシュ時間帯で人・人・人です。

釣りができないままに彷徨い日が高く昇る頃には仙台近郊河川ではもう無理なような気がしてきて一匹も釣らずに家路にとつきました。

なんでこうなった ○| ̄|_

渓流では滅多にボウズはないんですけど思えば3月1日解禁日、いい釣りした記憶がないですね~(T.T)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする