タナゴの婚姻色ちょっと遅かった?

忙しくしているうちに早くも5月の終わりを迎えようとしています。行きそびれていましたが、まだ間に合うだろうか?


タナゴの婚姻色が見たくてマタナゴの生息する場所へ出掛けてみましたが、最近まとまった雨が降っていなかったので、ここも少々渇水気味です。流れも止まり、水に精気も感じられません。ただし、この状況を好んで何処から集まって来たのか何時もは殆ど見ることも出来ないメダカがたくさん泳いでいるのには驚かされました。こうして見ると天然メダカも改良種に負けないくらい綺麗ですね。


何だかメダカの他にもタイバラも殊の外活性が高くて良く釣れます。写真のタイバラは色が飛んでしまった後ですが釣った直後は熱帯魚以上に奇麗で見とれるくらいでした。幼少をタナゴが全くいない環境で育ってきたので、身近な水辺にこのような魚が棲息している事を改めて考えると何だか不思議な感じがしてしまいます。あれこれ考えながらタナゴをこれだけ釣りましたが、お目当てのマタナゴは一向に釣れる気配がしなかったので、流れのある場所を探して少し移動してみました。


なかなか良い場所が見つかりません。流れを見つけても浅くて底まで丸見えだったり、流れが細すぎて雑魚密度が高い所だったりと本命を捉えきれません。何匹釣ったでしょうか、諦めかけた頃に1匹! 他の魚に紛れてますが確実にいるみたいです。
場所はここで決まり、水が澄んでいるので長竿に変更して遠くから暫く様子見していると、雑魚5匹に1匹ぐらいの割合でやっと釣れるようになりました。

その代わり水深も浅いのでザリガニもフィーバーでしたが・・・


少しずつ釣れ始めたマタナでしたが、期待した婚姻色は抜け気味で今年はここも数週間季節の流れが早いようです。いろいろ釣れたので釣果も思ったほど伸びずにこれだけでした。

そのうち、マタナゴはこれだけです。

本当はもっと黒くて青いのを期待していましたが絵面が寂しく残念な感じです。まだ見られる所はないだろうか?と考えてみますがやはり気温が低めのところでしょうかね。探索を兼ね北上プラン思いつきました^-^ あとは行けるかどうか?時間が欲しい今日この頃です(〃´o`)=3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする