栃木で初タナゴ釣り

関東からの帰り道に那須地方の宿を取り一泊。

そう目的はタナゴ、表題が無くてもタナゴ好きな方にはすぐに分かってしまいますね(^^)

タナゴ探し前のルーティン

ずっと機会があれば訪れたいと思っていた場所で、それが今回願いが叶いました。

但し、許される時間はたったの一日、失敗はしたくはありません。

文献で大まかなタナゴの生息域を確認、何をメインに釣りたいのかが決まったら、その地域の水辺の状況をGoogleマップを用いて徹底的に調べて居そうなポイントを10か所ほどをマーキングします。

あとは、先人の方々がブログに残した釣行記を熟読、イメージトレーニングして本場に備えます(^^;)

那須地方タナゴ探し

さぁ楽しい一日の始まり、日の出とともに目が覚めましたが朝食付きなのを忘れていて何時ものスロースタート、さて何処からは入りましょうか?

一頻り悩んで向かった先はこんな所、衛星画像では草木に囲まれていて一部しか見えていなかったのでしょう。

実際見てみると結構大きな流れです。

草木に覆われたタナゴの生息する小川
期待値・・MAX!

早速、魚影はないかと流域を見て歩くと、大きいのから小さいのまで色々です。

中には追星のはっきり見える魚まで、これはタナゴ確定ですかね?

浅瀬で泳ぎまわるオスのマタナゴ2匹

急いで車に戻って準備を整えてから、さっきタナゴらしき魚が見えた流れ付近に仕掛けを落とすと勢い良く掛かったのは大きなカワムツ、やはりきましたよ。

これはしっかり予習済み、想定内です(^^;)

祝、栃木初タナゴ

二投目は流れを読んで慎重に仕掛けを放るとすぐにまた大きいのがきました。

これもムツかと思いきや青黒いです。

手に取ってまじまじ見ると大きな大きなオスのマタナゴでした。

(* ̄∇ ̄)/゚・:*【祝】*:・゚\( ̄∇ ̄*) 栃木初タナゴ~~!!

良いんでしょうか?

開始早々で拍子抜け、タナゴ生息場所発見最短記録かもしれません(^^;)

フォトケースに入った大きな栃木のオスのマタナゴ2匹
心配していた雑魚も鳴りを潜め釣れるのは殆どマタナ、楽しすぎます。

数匹大きなのが釣れた後で少し違うタナゴが釣れました。

タビラ班のある小さな個体は見慣れたアカヒレタビラのメスですね。

全然期待していなかっただけに、またまた嬉しい一匹、早くも目的を達成してしまいました。

実は明日から仕事、それでは釣査も程々に昼頃には発つ事に変更しようかな?

でもそれまでの間は。。。心置きなくお魚と戯れたいと思います(^^)

歯の上にのせられた釣り上げられた栃木アカヒレタビラ白いかごに並べられた栃木で釣れたマタナゴ10匹

釣査の続きでまた発見

丁度10匹釣ったところで場所移動して二ヶ所目に到着、田んぼの間を流れるそれは遠くから見ても魚が居そうもありません。

三ヶ所目は護岸が混じった流れ、タナゴらしい魚影を見掛けましたがカワムツが煩すぎて時間がもったいなく諦めます(5割の確率だったと思います)。

四ヶ所目はこんな所、期待薄そうですがとりあえず釣査開始。

カワムツにオイカワ、そしてザリ、雑魚のオンパレードこ奴らは何処にでもいますね。

そして、移動を考えたその時。。。

草木に覆われた小川の流れ
釣れちゃいました(。>д<)

中位のマタナのメス! タナゴポイントまた発見です。

それから立て続けに同じようなのが3匹出たかと思うと辺りは真っ暗、そして突然の雷雨に車にたどり着く頃にはびしょ濡れです。

白いトレーにのせられた釣り上げられ針が付いたままのマタナゴ

活かし箱の中で泳ぐマタナゴ3匹大雨に視界不良の車のフロントガラス

栃木にまた釣りに来れたら

この日のために、レインウェアーもウェーダーも持ってきていたのに夢中になるとダメですね。

まだまだ時間は残っていましたがこれで踏ん切りがついたので帰れます。

栃木は良い所でした。圃場整備も程々にタナゴが残っているのも納得です。

この調子なら広範囲に分布していると思いますし、次回訪れる事があるのなら今日の続きからの残りの6ヵ所を回りたいですね。

今回は少し無理してでも栃木に寄って正解でした(^▽^)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする