スナヤツメ

スナヤツメ産卵風景
水中でうねうねと動いている生き物がいたので手持ちのカメラで覗いてみるとヤツメウナギでした。大きさは20cm程度なのでスナヤツメかと思います。


同じ場所に留まり砂を巻き上げ盛んに動いています。たぶん産卵行動だと思いますがこんな大規模なものは初めて見ました。


スナヤツメ産卵風景

スナヤツメ産卵風景
スナヤツメ産卵風景
自分は無類の魚好きですがこの種の口とエラ穴が苦手でして、幼少の頃に川猟師から頂いたカワヤツメが度々食卓に上ることがありましたが食べるのにとても苦労していたのを思い出します(;^_^A
昔はあれほど見かけたヤツメウナギでしたが今は激減したとかで殆ど見かける機会がなくなってしまいました。因みに気になってネット検索してみると自分の生まれ育った県ではカワヤツメが全滅危惧Ⅰ類、宮城で情報不足、スナヤツメは宮城で準全滅危惧Ⅱ類でした。あんなに見慣れた魚がゼニタナゴなみの希少生物とは ・ ・ ・
現状と行く末を考えると寂し思いがしてきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする