第二回遠征 北限のたなご

観察ケースに入った綺麗なアカヒレタビラ
今回は青森でマタナゴ探しです。
北限とされる鷹架沼とその周辺には以前行って惨敗しているので少し南の方を探索してみましたが・・・


青森到着でちょっと観光です(*’ー’*)


青森ベイブリッジ
青森ねぶた館
一日休んで実釣開始しました。一番最初に入った場所はこなところです。一生懸命調べたわりには全く魚気がなく当たりもありませんでした( ̄□ ̄;)!!

青森水辺の風景
二ヵ所目は以前にマタナゴらしき稚魚を釣った所でかなり期待して行きましたが、タイバラとタビラ系の稚魚を確認したきりで他は小さ過ぎて針掛かりしません。それではと車に戻りますが不覚にもタモ網を車に積み忘れてしまっていました。やはり竿と網はいつでも持ち歩くべきですね、反省です。
次に向かったのは去年の秋にマブナしか釣れなかったここです。

青森三日月湖
何か釣れそうな気配にまた竿を出してみましたが、釣れてきたのはウグイとたくさんのタイバラにわずか3匹ばかりのアカヒレタビラ?でした。(写真の釣果は半分ほどです)


釣り上げて掌のアカヒレタビラ
籠に入っている釣り上げたタナゴ
粘っても本命が釣れる気がしなかったのでまた次に向かいます。タビラ系の実績のあるこんな所にも行きましたがノーフィッシュ、

七戸川の風景
その他に数箇所まわりましたが釣果もなく半日が過ぎてしまいましたので、マタナゴ探しもほどほどに最後は釣りを楽しみに鉄板場所に向かいます。
ここです。

沼の岸辺
小さいのがたくさんいて大きさを問わなければ束も釣れる所です。
ここまで来たからにはキレイなのを見ておきたくて大きいの狙いで試行錯誤しましたがこれだけでした。腕が悪すぎて釣果は殆どチビばかりですね。


婚姻色に染まったアカヒレタビラ
タイバラとアカヒレタビラの集合写真
同じ場所で今回発見したオモシロポイントで、今回の釣行で一番の8cmのアカヒレを釣った所もここです。

近くには、水鳥がたくさんいて時々釣りを邪魔をしてくれます。
カンムリカイツブリ
池の中を泳ぐカンムリカイツブリ
オオバン

池の中を泳ぐオオバン
バン
池の中を泳ぐバン
魚を追ってウキの前を鳥ががかすめていきましたので、釣れない大きいのはこやつらに食べられているのだと思います。タナゴのおかげで鳥の名前も少しですがまた覚えることができました。
今回の釣行はもう何度目かよく思い出せませんが、今回は完敗ですね。イワナ・ヤマメは川を遡って上流域まで行ければ大概会えますが、タナゴはどこに行ったらいいのでしょう?
目にみえている水域内には必ずいると思いますが、その場所となると難しいみたいです。
また次回の釣行まで地図との睨めっこになるのかなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『第二回遠征 北限のたなご』へのコメント

  1. 名前:mori-s 投稿日:2014/06/06(金) 22:21:02 ID:589fc6ab0 返信

    青森のあのタナゴ釣れましたね。よく色ぬけしかけのをシロヒレと言われてるやつが本当はアカヒレタビラと証明するような魚ですね。途中のメスの画像はマタナゴじゃないですか?
    そろそろ遠征に私も行きたくなりました。

  2. 名前:ブルーリバー 投稿日:2014/06/07(土) 01:13:57 ID:589fc6ab0 返信

    ありがとうございます。
    青森はこちらから一ヶ月遅れのようで、まだまだキレイでした。
    メスの画像のようなタナゴは以前から良く釣れていましたがタビラ斑があったのでそうかなと。でも体型がちょっと違うような気はしてました。
    以前に某サイトに同定依頼した時はマタナゴと判定されましたが?どうでしょう。

  3. 名前:mori-s 投稿日:2014/06/08(日) 00:33:53 ID:589fc6ab0 返信

    メスの産卵官はでていましたでしょうか?卵が見られればかたちで違いが解るのですが。

  4. 名前:ブルーリバー 投稿日:2014/06/09(月) 19:46:30 ID:589fc6ab0 返信

    こんばんは、
    卵で同定とは思ってもみなかったです。
    今回はサイズが小さすぎるのか卵官は確認できませんでしたが、
    またチャンスがあったら卵も写真に記録してきます。