宮城シーバス今期初ランカー

一年で一番良い時にイワナをやりたい、初夏のうちに尺メバルも狙いたい。。。でもこうも天気が悪いんじゃなかなか好条件が休みと合いません。嫌になりますね。

名取川居着き狙い

今日はかろうじてシーバスは行けそうかな、但し問題は深夜ということで二時間縛り←こうでもしないと出掛け辛い(^_^;)。。

妻に二時間やったら帰ると伝え、満潮をむかえる名取川へと出掛けてきました。

最初に入ったのは前回シーバスをバラしていた居着きポイント、足場の良い所を限定打ちしていきます。

割とすぐ釣れるかと思っていたのですが、いかせん流れが無くて食い気がないのか、はたまた出払っているのか全く反応がありません。

即見切って次の場所へ移動です。

名取川初ランカー

残り一時間、そろそろボーズが頭を過り始めました。

次は何処にしようか?悩みますね。

最後は実績なくてもいいや、少しでも流れのある護岸帯にすべてを掛けます。

最初は真正面に一投、強風でだいぶ流されたような。。糸ふけをとってハンドルを5回転ほど。。。ドンッ。。ロッドが絞り込まれます。

そしてドラグが鳴る鳴る、この重量感は久しぶりに70UP確定ですかね(≧▽≦)

川の流れも相まって違う魚のように重たく、暫くは苦戦必至な感じでしたが浮いた途端にエラ洗いを始めてくれて、その間に一気にゴリゴリ・ゴリゴリ、すんなり足元まで寄せ切れました。

こいつは想像以上にデカイですね。。。

さぁーてフィニッシュ、左手を背中に伸ばしネットに手を掛けたその時、真下のテトラ帯に猛突進!?。。。?。。。??

えぇ~ お魚さんを見失いました。ラインも風になびいてしまっています。

やっちゃった(-_-;) テンションMAXからどん底です(T_T)

足元を覗き込みましたが何も見えず、諦めてラインの回収に入ろうかとリールを回し始めたらゴゴゴン、突然の生体反応に思わず溢れる笑み、ラインはなぜか無事のようですし、その先には確かに魚がついています。

幸いルアーは口の中に真一文字に収まっているので外れる心配もありません。食い上げたんでしょうね。

それにしても焦りました、もう勘弁です(^^;)

すぐにドラグをフルロック、浮かせたままに弱らせて抵抗がなくなったところで水面に近いテトラから直接ランディングしました。

近くで見ると更に大きく、丸々太った個体に達成感がこみ上げます<( ̄︶ ̄)>

80cmちょい、秋までこのサイズは無理だと思っていましたが、それがよりによって名取川で釣れちゃいました。

もしかして連チャンもあり得るかもと、この後も粘ってみましたが最後まで一度のアタリもなく時間切れとなりました。

釣ったというよりは釣れてしまった感がある今期初の大物ですが、それでも嬉しいですね。

名取川、意外と侮れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする