名取川シーバスかろうじて一匹

阿武隈川で釣れたので今度は名取川を試したくて明るくなる前に出掛けてきました。

名取川デーゲーム

河口は早くも人・人・人、マゴチ狙いの方も多いのでしょうが魚と出会える確率が減るような気がして、人気ない上流側ポイントにエントリー、4時から釣り開始です。

誰もいない、シーンと静まり返って魚気もなし、事前に下調べはしていましたが名取川って、ココというポイントが掴み辛いんですよね。

移動しようかな、疑心暗鬼状態に陥りながらも黙々とロッドを振り続けます。

今日もいつもながらに無反応が続き、一時間して下げの潮が効いてくる頃になると僅かですがシーバスらしきボイルが見られるようになりました。

表層をリトリーブ中のルアーにもついにバイトがあり水面が一瞬盛り上がりましたが乗せきれません。見切られてるんでしょうね。

あーでもこーでもないを繰り返してまた一時間経過、着水と同時に食ってきたのをバラしたのが一回だけであとはセイゴクラスの突きが数回、完敗でした。

僅かですが魚が着いているのは確かですね、今度は条件の良い時再チャレンジしてみます。

名取川ナイトゲーム

今夜は何気に時間が。。。自宅で仮眠後、朝とは違うナイトゲームポイントへ入ります。

先行者は見渡す限りざっと5名ほど、予想以上の人出に何処かに入れてもらおうかとしばらく悩んでいると次から次へと帰られ特等席を独り占め状態、釣れてないんですね(^_^;)

時計の時間では下げ七分か、もう八分かも、すぐ釣らないと上げまで待てないので大方終わりそうです。

即座にフルスイング開始しても何もありません、そしてその後もズーっと。

何もないまま二時間もロッド振り続けてしまってホントに終わったぽい、流れも止まり何処を狙ったらいいのか。。。帰りますか。。

最後の数投にまだ使ってないのの試し打ちにヘビーなシンペン、ゴミ拾いまくりでロスト危機、これはアウトですね。

次はシンキングミノー、意外にぶっ飛びます。時折ボトムを小突くのは許容範囲でしょう。

Sミノー二投目、着水してスイミングに移った瞬間に待望のアタリが、コンッときてググンとロッドに魚信が伝わります。

お魚確定、最初はコチだと思ったのが寄せてみれば40ぐらいのチーバス、3本中2本のトレブルフックがガッチリ食い込んで上半身ホールド状態でした。

祝ボーズ逃れ\(^o^)/

あとは表題からご察知の通り続かなくて。。。撤収〜(・・;

私の見た限りではこの日対岸の人が一匹上げただけでしたので、これからなのでしょうね。

それと、休憩挟んでの一日二釣行も結構ありですね、ヘトヘトにならない程度に楽しめました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする