台風一過に誘われて

お魚が釣りたくて久しぶりの里川へ

朝方までの雨で諦めていたところに天候が急回復、何処かで釣りが出来ないだろうか?

夕方から里川へヤマメ釣りに出掛けて来ました。

林から見た台風一過の青空
もっと上流でイワナ釣りにすれば良かったかな?

雨の影響は覚悟していましたが水量が以前の2倍ぐらい、水色も濁りが入ってしまっています。

増水した流れに沈む川縁の草
時間もないのでこのまま釣り上がってみますが、良くて2~3匹なんでしょうね。

せめて大きいのが1匹でも混じってくれると良いのですが。。。。

増水気味の里川
流れの早い流心は避けて ( ⇐毛鉤が速効沈します(^^;) ) 瀬脇や巻き返しを中心に毛鉤を流しますが想像以上に渋いです。

時折、ピチャピチャとチビらしい飛沫が上がってもフッキングに至りません。

釣れませんね~。

遡行は大変だし一時間な~んにもなし、あまり無理せず程々にした方が良さげな感じです。

それからしばらく歩いて、どん底の私に待望の1匹がでました。

ちっちゃいですけどね( ;∀;)

ランディングネットに入った毛鉤で釣れたヤマメ 川岸の木の葉にのるアマガエル

この後は、また釣れない時間が長々と続いてしまいます。

ここはスルーポイント、岸辺を歩いていて違和感に振り向くとマムシが2匹もいるじゃないですか!

枯れ草なんかじゃなかったです(^^;

状況を考えると、よくもまぁ~咬まれなかったと一安堵、気を付けましょうね。

川岸の苔むした岩の上にのる2匹のマムシ
一向に釣れる気配なし、上っても上っても増水でポイントさえありません。

終いに草影から出てきたイノシシに遭遇してUターン。

最近、動物運だけはあるんですけど、お魚には見捨てられてる感じ。。

本日も見事に惨敗でしたヾ(~∇~;)

憂さ晴らしにシーバス釣りへ

お魚を追加すべく、そのまま海方向へ車を走らせます。

到着したのは常夜灯のある船着き場。

川の濁り水が入ってこちらも状況はさほど変わりません。

先ずは方々遠投してみますが魚っ気なしです。

これで最後、足元の明暗部にフローティングミノー(ちょっと大き目)を泳がせているとシーバスが浮いてきて、あっさりと見切られました。

暫くそいつが消えた辺りを凝視していると、明かりに寄って来た20cmほどの細長い魚を真下のシェードから大きな口で ”ガポッ” ですって、やられた感半端ないです。

ハードルアーの限界を垣間見た気がしました。

さすがに今日はこれでお終い、何か良いルアーってないですかね~。

また物色してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする