2017秋田タナゴ探し

初地域調査

久しぶりの秋田入り、何時もはタナゴ釣りでは立ち入る事の無い地域で一日かけてタナゴを探してきました。
一日と言っても秋田県の端から端へ移動しながらなので時間がありません。今回は殆ど竿を出さないままに偏光グラスを使って目視でのタナゴ探しです。

一地域数か所程度良い感じの溜池はありますが、その多くでチビバスが群れをなして我が物顔で泳いでいます。そんな時は近辺の水路探索、タナゴはなかなか見当たりませんがメダカにジュズカケハゼ等、それに結構な確率で二枚貝が姿を見せてくれます。きっとバスさへ入っていなければ沢山泳いでいた場所なんでしょうね。

二枚貝に夢中

また次の地域にさしかかったところでも道路脇の水路に二枚貝を発見しました。この水路、僅か30cmばかりのU字溝で出来ていますが、流底に薄っすらたまった砂礫からは大小様々な黒い突起が見え隠れしています。あそこにも、こんな所にも・・・これを見てしまうと気になって気になって、すぐさま掘り起こしに掛かります。

U字溝の水路
こんな何時何時、水を止められてしまうかもわからないようなちっぽけな水路からドブガイがゴロゴロ、あっ それにこんなに大きいのも!
タガイ、それに少ないですがイシガイと大きい方は若いカラスガイ。これだけ貝がいてもここはバス釣りの有名場所のため、試し釣りをせず通り過ぎてしまいましたが、帰宅してから改めて調べ直すと、ここでタナゴ三種を釣られている方を発見してしまいました。

しまった~、 先入観だけで諦めましたが何時の間にか魚が戻っていたのかも知れませんね、非常に悔やまれます(-_-;)

水路の横に置かれた二枚貝
貝に夢中になっている間も刻々と時間は過ぎて行きます。
次の地域は粗方諦めて、様子見程度に水辺を確認しては今度来るときに備えます。

キタノアカヒレタビラ

そしてまた次、本日の最終地域に到着しましたが、悲しいかな制限時間いっぱい、それに辺りは暗くなり小雨もぱらつき始めます。まだ殆ど成果も無いのにこんな事って・・・
消化出来ずにいる有休はほぼMax、明日は風邪でもひこうかな~なんて思ったりも(;^_^A

最後に確定タナゴポイントに少しだけ寄って帰ることにします。
このポイント、実は初めてでヤリがいると聞いていましたが、釣れるのはキタノアカヒレタビラのようです。

水草に繁茂する溜池
しかも、一投一匹の入れ食い状態! 目視出来るほど魚影も濃くて、二枚貝や写真を撮り忘れましたが多分ジュズカケだと思いますが、これも沢山います。いろいろと見てきましたがかなり良好な環境です。こんなところがまだあるとは秋田恐るべしです。

容器の中を泳ぐキタノアカヒレタビラ白いトレーの上に置かれたキタノアカヒレタビラ
短時間ですが入れ食いだったためこれだけ釣れました。婚姻色が綺麗ですね、秋に訪れる事が多くこんな姿にお目に掛かれることが少なかったのですが、この季節の方が良い感じです。

それと、この場所の二枚貝は何時もみているドブガイB型のタガイだとは思いますが翼状突起が他の地域に比べて大きく色も明るいみたいです。これは地域差なんでしょうね、貝も十分に綺麗です。

白いトレーの上にのったタガイとキタノアカヒレタビラ
これで、終~了~~~。調べると近辺でまだまだタナゴが出てきそうですが、時間が・・・・(T_T)泣く泣く帰路に着きます。

帰ってから見直しを掛けるといろいろ気になり始めて、あそこ行けば良かった、ここに寄ればと後悔しきり。これから行く機会を増やしてもっと調べてみようと思っていますが、探求心には切りが無いようです(^^)

ダイワ ロッド ひなた 6尺
ダイワ ロッド ひなた 6尺

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする