県北有名河川釣行で初ヤマメ

朝、目覚めると二時間の寝坊、それでも平日だからと県北の人気河川に出掛けてきました。

10年ぶりの入渓

現地に到着すると川から上がった先行者に、更に後ろからは新たな入渓者が現れました。10年ぶりぐらいに来てみましたがもう釣る前からいろいろ大変そうです(^^;)

下りて来た方の話しでは、”少し釣り上がったが釣れないので引き返してきた” ということなので悩みましたが二番手で入渓することにしました。

きれいな渓流ですね、釣り易そうで人気なのも窺えます。
大荒れの入渓点、こんな状況ではどんな名人でも釣りは困難でしょう。暫くはただ歩くだけに専念して入渓者の痕跡が粗方無くなるまでひたすら歩き、魚が走るようになったのを確認してからやっと釣り始めました。

林間を流れる瀬

初ヤマメ

大きな流心の脇に浮かべておいたエルクヘアカディスにピシャッと水面がはじけてファーストヒットはなぜかヤマメ?混生域ではないような気はしますが・・・・・何はともあれ早々にでた嬉しい一匹です。

ランディングネットに納まるヤマメ
その後はやはりイワナのお出ましで、ポンポン良型が続きます。嬉しいですね~こんな渓で釣りが出来るなんて、ホント来て良かった(*´∇`*)

ランディングネットの上に横たわるイワナ渓流の岸辺に置かれたイワナ地面に置かれたランディングネットの上にのイワナ

釣れない

・・・と、思ったのも束の間、イワナを4匹釣ったところで釣れないモード突入です。暫くこんな感じを味わった事が無いくらい釣れません。

イワナにとまったサナエ
魚はポイントポイントには必ずついているんですよ、写真にも簡単に収める事が出来るくらい。それでもいくら目の前に毛鉤を放っても全く興味を示しませんし、ひどいと毛鉤を見ただけで逃げて行きます。小さな石ころなんか踏み間違えて音を立ててしまったものなら一瞬にしてどこかに消えてしまいます。

これ、どこかでも経験したことのある末期的症状。はて、どこだっけ?・・・・・・・・・・

そうそう、これも超有名河川の仙台にある新川川そっくり、渓相良し、水質良し、魚影良し、何も欠点が無いようにみえる川でも全く釣れませんでした。

ここも魚を釣るのではなく、ただ眺めているだけです。 このような川のことを別名水族館、とはよく言ったものです(´Д`) =3 ハゥ。

渓流の流れに定位するイワナ渓流の流れの中に定位するイワナ
それでも歩けば魚はいるので何時かは釣れそうな気がしてしまって、ついつい先へ先へ進んでしまいますがどうしても釣れません。

何キロ歩いただろうか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、

5匹釣った後は三時間ノーフィッシュ、もうクタクタです。渓流釣りをされる方からはよくお勧め場所として聞く所ですが、前回とのギャップには呆れてしまうくらいです。もう暫くは入らないでしょう。

ここは見るだけ、渓相だけを楽しみたい人向けの川ですね(T_T)。

サイトマスター バレルブラック スーパーライトブラウン
サイトマスター バレルブラック スーパーライトブラウン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『県北有名河川釣行で初ヤマメ』へのコメント

  1. 名前:SHIGEZO 投稿日:2017/07/09(日) 12:28:48 ID:e62c4fff8 返信

    お晩です。
    こんな事あるんですね!3時間ノーフィッシュは厳しいなぁ。

    ひょっとしてこの場所、去年友人と行って、あまりの反応の無さに、記憶から消したた川かも・・・・・と思いながら記事を読んでいました。

    水族館か・・・・・(笑)んじゃ、自分が今回行ってきた川は、釣り堀だべか?

    • 名前:ブルーリバー 投稿日:2017/07/09(日) 14:47:11 ID:c59c71d3a 返信

      お晩です。
      記憶から消した川でしたか!皆さん一度は入っていそうですね。
      少し釣れたので良かったですが私も危うかったです(笑)

      SHIGEZOさんが釣られたのは、正に釣り堀、パラダイスレベルですよ。