アイナメ釣り奥松島でまたやられる

宮古島大浜漁港
前回牡鹿半島で大きいのを逃してから、その感触が忘れられずに今日はアイナメ狙いで奥松島に出掛けてきました。


最初に入ったのはO浜、真冬並みの寒さの中、釣り人が多いですね~。ここでは魚を釣った事がなかったので港内を隅から隅まで探って行きます。
入ってすぐの堤防の付け根部分は比較的に浅い場所でしたが数投すると幸先良く30後半と思われる良型アイナメがヒット!竿抜けポイントだったんでしょうね。早速一匹目をカメラに収めようと水面を泳がせていると、あららぁオートリリース( ̄▽ ̄;)!! なので写真はありません。
その後二時間ほど釣り続けましたが全くアタリ無く終わりました。

宮古島大浜漁港
次は隣のT浜へ移動しますがここもお留守のようです。港内は諦めて外海側へ移動してみます。

宮古島大浜漁港
この景観、いつも来る度に雰囲気プンプンで期待させてくれる場所です。

宮古島月浜漁港
早速、沈み根付近にグラスミノーMを投げ込むこと数投 ・ ・ ・ ・
コツコツ、合わせると重い! リールがジージー唸ってラインが持ってかれます。例えるなら磯竿にクロダイが掛かった感じ、まさかこんな所でランカーサイズとは(━_━)ゝ 一応タモ網は持参していましたが巻いても巻いてもラインを出されて、数分経っても全く寄りません。また根に潜られても嫌だし、ここでドラグを絞め増すと ・ ・ ・ ・ ・ ・
プッツン! 丁度ジグヘッドとの繋ぎ目から切られていました。あぁぁ~  また OTL、 超デカいと分かった時点で半分諦めていましたが ・ ・ ・ やっぱりな展開にあれ・れ~
メバルタックルの5lbリーダーでは太刀打ち出来るはずもありませんでした。
それでもまた再チャンスを夢見て一時間ほど釣り続けましたがそれっきりです。

宮古島室浜漁港
最後にせっかくなのでM浜にも寄り道してメバルリグに変更して探ってみるとすぐにアイナメやアナハゼが釣れましたが、この大きさではもはや満たされず15分だけで終わりました。

地面に置かれたアイナメ

地面に置かれたアイナメ

ワームを銜えたまま地面に置かれたアナハゼ
家に戻ってから暫く ・ ・ ・ ・
ラインがもう少しでも太ければなぁ~と思うとやりきれなくて、またまたポチッとーーーーー
今日もまた散財です(;^_^A

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする