宮城イワナヤマメ最終釣行

木々の間から見える青空
天候に恵まれずにず~っと行けなかった渓流釣行、気が付けば9月30日の最終日でしたが晴れて良かった~(∩´∀`)∩


今日はいつもより二時間早く現地に到着すると、すでに車がぁぁ ・ ・ ・ ・ ・
キノコ採りかも? 念のため支度をして川へ降り立つと老釣り師を発見!これも念のため 『上りますか?下りますか?』 と尋ねるとこれから上るとのこと、終わりました_| ̄|○
ここは諦めて違う区間を探します。
今年最後の日、行きたい河川は皆同じなんですね~、日が昇ったばかりだというのに何処も人、人、人 です。林道沿いに採取を免れた綺麗なアケビが一つ、写真に収めます。釣りする前から不漁の気配がする時は決まってネタ写真を撮り始めます。もしかしたらそんな今日はダメな日なのかもしれません。

茂みに一つぶら下がったムラサキアケビ
上流に移動して誰も入っていない短い区間を見つけて釣り上がりますが釣れません!魚が出るのですがあと一歩というところで毛鉤を咥えないのです。気温12℃、水温11℃、水温が低すぎるのか繁殖準備に入ってしまったのか釣れる気配は無く、このままだと魚写真無しのボツ記事確定です。期待して出てきたのに、あぁ~困った。
そう言えば、この前Fさんがマタタビとサルナシを見たいと言っていたような?今日の保険にと釣りの合間に探索して良い所を見つけました。たわわに実ったサルナシ、まだ未熟のようでしたが十分にキウイの味がします。見つかって良かった~。

たわわに実ったサルナシ
石の上に置いた輪切りにしたサルナシの実

水辺の石の上に座るヒキガエル
やはりこれっきり、魚が釣れないままあっという間に区間が終了してしまいました。今年最後、今日はどうしても魚に会いたい! 時間的にまだまだいけそうなので別の川を目指します。

堰堤から流れ落ちる水を下から眺めた風景
ここは近くて出来るだけ不人気方面へ、たどり着いた渓は昼近いというのに釣人の車も見当たらず、川へ降り立っても数日人の入った形跡もありません。ただし此処も大きな繁殖サイズの魚はすこぶる反応が悪く時折毛鉤にちょっかいを出して遊んでくれるのは決まって煮干しサイズです。小さな飛沫に合わせてもフッキングもままならず、何度も空振りした後に空中を飛んできたファーストフィッシュは10cm弱のヤマメ? ニジマスのような気もしますが待ち侘びた1匹にホッと一息。

水辺に置かれた小さなニジマス
またチビヤマメ、この大きさでも綺麗な魚体にサビ入りです。

川岸に置かれたヤマメ
何匹か小さいのを追加して、この日最大の20cmのイワナ(^^;) 本当は最後に1匹ぐらい尺上を釣って有終の美を飾りたいところでしたが上手くいきませんね。

水辺に置かれたランディングネットの上のイワナ

倒木に生えたサワモダシ
魚も釣れないことだし、残すはマタタビを本格探索です。マタタビの木は結構すぐに見つかりますが実がありません。それもその筈、殆ど落下してしまっていて時期が遅かったようです。
何本か当たってやっと見つけたマタタビの実、数個落下を免れた実の一つは黄色く熟しきっています。虫エイは結局見つけられなかったので落下したものを拾いました。沢山なっていたら自分自身持ち帰りたいところでしたが来年に持ち越しです。

倒木の上に置かれたマタタビの実
すっかり魚釣りと木の実探しに夢中になってしまい帰りはいつもと一緒、早く出た分くたくたに疲れました。

砂底に映る自分の影
9月30日渓流最終日、この日は解禁と並んで釣り人が川へ押し寄せる特別な日。私自身も焦燥感にかられ度々出撃していますが過去に良い思いをしたことがあったっけ?って言うぐらい散々な思い出しかありません。個人的には一年で一番釣れない日だと思っているのにね~ 懲りません。
これで今シーズン終了、これからまた指をくわえて解禁待ちの日々です(´~`;

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『宮城イワナヤマメ最終釣行』へのコメント

  1. 名前:SHIGEZO 投稿日:2016/10/03(月) 22:36:36 ID:589fc6ab0 返信

    やっぱり最終日は混んでました?
    そう予想して前日に休みを入れてたら、まさかの体調不良で、休漁日になってしまいました。
    サルナシはすべすべしてるんですよね?やっぱりこないだ見たのはキウイなんだべかねぇ?

  2. 名前:ブルーリバー 投稿日:2016/10/04(火) 12:28:28 ID:589fc6ab0 返信

    今まで見た事ないくらい混んでました。
    せっかくの休みは残念ですね、荒尾ですか?
    サルナシまじまじ見てきましたが毛がなかったので、
    本当の逃げキウイかもしれません。絶対おいしいですよ!