秋の塩釜港へ様子見

夜景が見える夜の塩釜港
日中は雨で出掛けられなかったので、夜になってから少しだけ様子見に漁港へ出掛けてきました。


漁港を転々として、いつもの漁港のいつもの場所で気配に振り向くといつもの猫。
今日は小さなアタリはあっても釣れないのであげられそうにありません。猫が寄ってくるって事は釣れてるはずなんですがね~( ノД`)

漁業器具が並ぶ夜の塩釜港
次の港に移動して準備をしていると網を持った家族連れが目の前を通り過ぎます。どうやら岸壁にいるカニを捕っているようでした。
ここでも何度かルアーを通してみますがやはり釣れません。そろそろ潮時、メバルは諦めて家族連れの真似事でも ・ ・ ・ ・
付いていたワームを味付きガルプに交換して、足元のカニ目掛けて落としてやると簡単に釣れます。ザリガニがカニになっただけですが新しい釣りの発見!逃げる事もなく向こうから食いついてくるので網で掬うより効率良いですね~。

プライヤーで爪をつかみ持ち上げたカニ
あっという間にこの数、カニの名前はわかりませんが大量大量~食えるのかな?近くの釣り人も一斉に真似し始めたのでここらへんで止めときました(;^_^A

水汲みバッカンに入れられたカニ
岸壁をライトで照らしていて気付いたんですが、結構な数のメバルや時折シーバスも岸壁沿いに潜んでるのが見えます。魚はいるんですね~ただ釣れなかっただけのようです。
あれだけ見てしまうと釣れるような気がしてまたまた釣り再開、今度は底から表層狙いへ切り替えて岸壁際すれすれをトレースしてみます。
コツ・コツ、・・・ ブル?! 懐かしいアタリに上がってきたのは小さなメバル、小さいわりにナイスファイト!二時間越しの一匹でボツ釣行にならずにすみました(^^;)

ワームが口についたまま地面に置かれたメバル
さらに同じ場所でもう一匹釣ったところでタイムアップ、これからが良さげな感じでしたが今日中に帰らないと私の飯がなくなるのでこれで諦めます。

ワームが口についたまま地面に置かれたメバル
久しぶりの釣行は激渋でしたね~、まだ日中は青物で賑わっているようなのでシーズンインはもう少し後のような気がします。もう少し経ってからまた様子見に来てみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『秋の塩釜港へ様子見』へのコメント

  1. 名前:山遊塾 投稿日:2016/09/29(木) 23:22:21 ID:589fc6ab0 返信

    カニはガザミですね?
    半分に切ってワカメと味噌にすると美味しいですよ。大きいの塩茹でで食べて残ったらそそまま冷凍して味噌がオススメです。
    脱皮や産卵の関係で大潮直前が一番身が入るそうです。

  2. 名前:ブルーリバー 投稿日:2016/10/01(土) 00:21:03 ID:589fc6ab0 返信

    大潮直前ですか!初めて知りました。
    詳しいですね~。
    カニ好きなので次は沢山捕ってきます!