青森タナゴ釣行

北限のマタナゴ探し

湿地帯の中の池
予想以上に台風の影響が大きかった岩手は断念して、そのまま青森へ向かいました。一年ぶりです。


今回の目的も北限のマタナゴ! もう何度目かな ・ ・ ・
ここまで来たら行くしかないでしょう! 夜が明けて降りしきる小雨の中を車を降りて目的地まで藪漕ぎです。想定外の雨と深い藪に拒まれて初っ端からびしょ濡れ( ノД`)、苦労して到着した先は雰囲気良さげな想像していた通りの場所でした。
最初に目にしたのは白鳥?警戒心が強くて良く見えませんでしたがさすが本州北端、おのずと期待が高まります。

湿地帯の池の中を泳ぐ白鳥
早速水の状態を確かめ仕掛けを放りますが魚っ気は無し?!移動できる範囲も探ってみますがノーピク、ノーフィッシュ( ノД`)… ウグイも見えません。水色は良い感じですが少し水温が低いような ・ ・ ・ ・ 諦めずに数時間探釣しましたが、今回も残念ながら手がかりさえ掴めないままに撤退です。うぅ~ん、厳しいですね(ノ_・。)

マタナゴ釣り

次は、少し南下して北限ではない方の場所へ、現地に到着するとすぐに関東からの釣りの方が3名みえました。ここは全国区なんですね~、いろいろとお話をしながらも早速に私に1匹、3cmほどの新子ですが確実にマタナ! 青森遠征第一号です。最近ず~と釣れていない噂を聞いていましたのでこれで一安心(*^^*)

針に掛かったまま白いトレーに置かれた小さなマタナゴ
関東の方にお別れを言って見送ると、また一台!見たような車だな~と思っていると、いらしたのは久しぶりのBMさんでした。何という偶然、そしてタナゴ釣りがマイナーな東北で一日5人の釣り師にお会いするのも初めてです。今日はホントいろいろとすごい日ですね~。
釣果の方はというと、まずまずといったところ、小さいのに混じって釣れた2才魚メスと、2才魚のオスが一匹ずつ。

針に掛かったまま白いトレーに置かれたマタナゴのメス

針に掛かったまま白いトレーに置かれたマタナゴ

水生植物が生える水辺
それと、BMさんがタナゴの外道にワカサギを釣られていたので写真用に分けてもらいました。珍しいですよね~、私も釣ってみたかったので少し試してみましたが意外と難しくノーフィッシュ(*゚‐゚)

白いトレーに並べられたマタナゴとワカサギ
ここでは3時間ほど粘ってマタナの新子が9匹と2才魚が2匹の計11匹でした。聞いたところによると、以前はもっと釣れたらしいです。
少しずつでも元の状態に戻ってくれるといいのですが ・ ・ ・

容器に入れられ水に浸されるマタナゴ

アカヒレ釣り

それから一時お別れしてアカヒレポイントへと向かいます。ここも一年ぶりです。
訪れる度にバスを狙うルアーマンの姿が目に付くようになって今日はざっと5~6人、正直この光景には萎えます(´Д`) =3

水生植物が生える水辺
軽く挨拶を済ませお気に入りの場所へ、不安をよそに何だか今日は調子が良いみたいですね。色は抜けきっていますが今時のMAXサイズが釣れてきます。タナゴ釣りらしい釣り、楽しいひと時です。

針の付いたまま白いトレーに並べられるアカヒレタビラ
二時間でこれだけ釣れました。

容器に並べられた沢山のアカヒレタビラ

調査時間切れ

もう一ヶ所、三年前にマタナと思われる新子(下の写真がその時の新子)を釣った場所、個人的なマタナ最北の地へも釣査に行く予定していましたが、ここでタイムアップ。釣りをしていると一日があっという間です。

白いトレーの上に置かれたマタナゴ
BMさんとお別れして、帰り支度をしていると関東の方が通り掛かり、大きいのが釣れたとのことです。初青森で釣果が出て何よりでした。
私も宿泊先へ戻ろうと車に乗り込むと丁度正面の方がバスを釣り上げるのが目に入りました。
漁協の方も心配していましたが、やっぱりいるんですね~バス(´_`。) タナゴ釣りは楽しいのですが、最近は行く先々で精神衛生上良くない事も度々です。ここは毎年でも訪れたい所、いつまでもタナゴ聖地であってほしいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『青森タナゴ釣行』へのコメント

  1. 名前:ブルーマウンテン 投稿日:2016/09/12(月) 11:20:11 ID:589fc6ab0 返信

    楽しめて何よりです。マタナは少しずつですが復活してきてますので来年また是非お越し下さい?

  2. 名前:ブルーリバー 投稿日:2016/09/12(月) 22:42:41 ID:589fc6ab0 返信

    覚悟して行きましたが、思ったより釣れて楽しめました。
    来年はもっともっと、釣れる事楽しみにしています。
    それと、北限以外にも新たな開拓もしたいですね~。