水溜りのイワナ

山の中から見上げた青空
快晴予報に出掛けてきましたがこの山間は相変わらず曇ってます。一時ですがやっと見れた夏の晴れ間、名残り惜しいですね。


今日出掛けた場所は数は出ませんが軽い気持ちで釣りを楽しめる所、いつもの駐車場に着くと先行車があります。あまり人に出会う事もない所でしたが車内を覗くと完全にアウト!仕方ありません。諦めて更に上流へと車を走らせます。上流域は何処もこれといった区間はありませんが適当な個所から入渓して釣り上ってみました。

岩のある浅い緩やかな流れ
期待はしていませんが、やはり魚影はほとんどありません。暫く遡行して、やっとここぞという所から出ました! 久しぶりの1匹は7寸サイズ、それでも嬉しいですね~。

水辺の石の上に釣り上げられたイワナ
もう1匹、これも7寸!

水辺に釣り上げられたイワナ
3匹目も同サイズ!区間が短いのでこれで終了かも ・ ・ ・

フライを咥え水から顔を出すイワナ

ガマズミの赤い実
この赤い実、去年から気になっていた実はガマズミと言うらしいです。元は春に良く見る白い花でしたね、食べれるらしいです。
そして、湿地帯をチョロチョロ走る小さな生き物を掬うとトウホクサンショウオの幼生、オタマジャクシかと思いました。

手で掬った小さなサンショウオ
そろそろ退渓点、最後の堰堤を越えたところで悠々と泳ぐ大きなイワナを発見してしまいました。本日のクライマックス。、目測30cm超の尺上です!
掛けてから堰堤上まで抜き上げるのか? それとも降りて遠投? はたまた掛けてからロッドを放り投げて下で回収するか?
・ ・ ・ いろいろ考えましたが第一案、上から安全にいこうと思います。狙いを定めて毛針をゆっくりと鼻先めがけて垂らしますが蜘蛛の巣に捕らえられて宙ぶらりん (゚ー゚;Aアセアセ 見た目はまさに虫そのものです。ロッドをあおって回収を試みますが枝まで揺れる始末で気配を察知されて岸辺の岩の下に潜らてしまいまいした。 あぁ~(。>0<。) 仕方ない?  場所はわかったので次までお預けにします。

堰堤から見下ろした川の流れ
帰り道、林道脇の水溜りで本日のビッグワン! 前回逃したイワナを釣り上げてこれで4匹目です。

釣り糸を持って抜き上げたイワナ
最後に尺ヤマメポイントにも寄ってみましたが見当たらずで、もしかして誰かに釣られてしまったかもしれません。
午前中だけ3時間程の釣りでしたが、久しぶりなので楽しめました。水溜りのイワナは誰にも見つかっていませんでしたね。もし生き延びれば2年後ぐらいには尺確定かな、尺候補楽しみにしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする