梅雨の晴れ間のイワナ釣り

苔むした石の上に鎮座するヒキガエル
ググって見つけた入渓点が気になります。久しぶりに晴れたので、それを確かめに鳴瀬川水系に出かけてきました。


意外と道は良く思ったより車で進めます。車を停めてから15分藪漕ぎして目的の入渓点に下り立つことができました。それも事前には確認できていませんでしたが運良く堰堤の真上に入渓できたようです。渓相も良く心配された魚影もほどほどです。
早速、7寸ほどのイワナが出てくれましたヽ(=´▽`=)ノ

釣り上げられ自ら顔を出したイワナ
が、暫く行くと渓相が怪しくなり ・ ・ ・ ・

滑底の川
堰堤 ・ あ ・ ら ・ わ ・ る! またも出会ってしまいました(ノД`)・゜・。

川に設けられた堰堤
まだ釣り始めで時間も体力もあるので高巻きします。そこで釣れた9寸イワナ。

水辺に浸かったランディングネットにのるイワナ
堰堤越えるとお魚パラダイスがお決まりのような気がしてしまいますが後が続きません。パラダイスどころかノーフィッシュ! それもそのはず、暫く遡行するとまたまた行く手を拒むように大きな堰堤が見えてきました。

木々の間から見下ろした堰堤
そして、それを高巻きするとまたまた堰堤、午前中のうちにすでに4基目です(_д_)。o0○  今日もまた、やらかした感をひしひしと感じます。

川に設けられた堰堤
それでも少しだけ良い事が、カジカガエルでした。全然鳴いていませんが今日はなぜか沢山見ますね~。 堰堤に挟まれ溜まってたのかな? 釣りに入っても日中のため見ないことの方が多いんですけどね。

石にしがみつくカジカガエル

山の中の清流
そして渓相も申し分なし、でも堰堤に区切られた区間では魚がいません。
これも7寸。

イワナを持ち水に浸す
そして、遠くを見渡せば4基目を越えたばかりなのに、もう5基目ですよ!信じられません。

遠くに見える川に設けられた堰堤
退渓しようか迷いながらも途中まで様子見で高巻き中の頂上付近の写真です。遥か彼方に流れが見え隠れしてます。これが最後、これを越えたらパラダイスが待っているような気もしましたが本日最大の急勾配を眼下に見える谷底までの距離は数百メーター、もう気力は残っていませんでした。
ここで引き返しを決意、帰りは川には下りずにこのまま獣道を通り入渓点を目指しました。

木々に囲まれた谷底に見える流れ

本日の釣果、イワナ x6匹、散々な結果です。完全に山歩きの釣り場でした。

ここは、1~4番をスルーして5番目の堰堤を高巻きしてからの釣りが良いと思います。

と思いましたが念のため再度Googleマップを見直したら上流には堰堤らしき物体が多数写っているではないですか!(;’∀’)
ここはもう止めておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『梅雨の晴れ間のイワナ釣り』へのコメント

  1. 名前:はじめ 投稿日:2016/07/15(金) 07:29:51 ID:589fc6ab0 返信

    堰堤だらけの川はこちらにもあります。渓相は抜群。
    一時、いい釣りができたのですが、魚が抜かれてしまうと数が減りサイズも落ちていく一方です。
    それでも毎年1回は「もしかして」と行ってしまいますが…

  2. 名前:SHIGEZO 投稿日:2016/07/15(金) 22:02:11 ID:589fc6ab0 返信

    カジカガエル、見事に石化けしてますね。
    カジカガエルの声は、ハルゼミとのコーラスが一番好きかな?
    盛期到来!みたいな感覚です。
    盛期の釣果を見ないままシーズン終了になりそうです(泣)

  3. 名前:ブルーリバー 投稿日:2016/07/15(金) 22:13:18 ID:589fc6ab0 返信

    渓相良ければ釣れなくても救われます。
    堰堤なければと毎度思いますが、
    行政には魚道と歩道付きの堰堤造ってもらいたいですね~。

  4. 名前:ブルーリバー 投稿日:2016/07/15(金) 22:21:14 ID:589fc6ab0 返信

    カジカガエルとハルゼミは私も大好きです。
    今年はハルゼミの声を殆ど聞かないままシーズン終わってしまいましたね~。
    後は梅雨明けに期待です!夏ヤマメに源流イワナ・・・早く梅雨明けしないかな?