膝が笑ったイワナ釣り

木々が生い茂った山の中から見上げた空
GW も終わり渓流シーズン到来、久しぶりに山の方へ出掛けてきました。


久しぶりなので少しだけ寄り道 ・ ・ ・サンショウオです。
暫く見ないうちに春は進んで、残った卵のうもこれだけになっていました。

手に持ったサンショウオの卵
今年からまた新規開拓を少し増やそうかと、今日はいつもと違う渓です。最近気になっていた沢の名が付く小さな支流へ入ってみました。
新緑に青空、それに澄み切った流れ、気持ち良いですね~(*≧∪≦)  良い季節になりました。

深山を流れる沢
この沢、勾配はありますが雰囲気があって思ったより開けています。おかげで竿は振り易く、人の入った形跡がありましたがイワナもほどほどに出てくれます。

水辺に横たわるイワナ
良い色してますね、堰堤上流だからネイティブ系かな?
岸辺にはまだニリンソウが咲いています。

花を咲かせるニリンソウ
このサイズが今回のレギュラーサイズでした。

水の中に浸したランディングネットに納まるイワナ
少な目のポイントを丁寧に釣り上がること三時間、水源に到達したのかな?

川の源流部の小さな流れ
とうとうイワナも棲めないような細い流れに変わり、また来た道を下ります。
遡行の際には気付かなかったシドケ。

山の斜面に生えるシドケ
それにホンナ、どちらも好物ですが少し遅かったみたいですね。

斜面に生えたホンナ
戻り途中疲れ果てていましたが枝分かれしていた支流が見たくなって再入渓してみました。
こちらの方が人が入り辛いのか痕跡もなく魚影も少し濃い気がします。ただし険しすぎてポイントが少ないのは同じですね。

手に持った赤い腹のイワナ

水辺に置かれたイワナ
程なくして砂防ダムが行く手を拒みました。高巻きしたばかりなのにまたとんでもなく大きいのが、ここまで堰堤や砂防ダムをいくつか乗り越えてきているのでもう体力の限界でした。
足腰ガクガク(。>0<。)  さすがにこれでは ・ ・ ・
時間はまだまだありましがここで断念、先を見ることなく釣り場を後にしました。

山の中の砂防ダム
本日の釣果イワナx15匹~?途中からよくわかりません(^^;)
もう少し歩く必要ありますが今日はとりあえず新規開拓成功でしょう、それにしても良い汗掻きました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『膝が笑ったイワナ釣り』へのコメント

  1. 名前:ブルーリバー 投稿日:2016/05/12(木) 16:00:37 ID:589fc6ab0 返信

    あまり詳しくは無いですが子供の頃の記憶が残ってるようです。
    私も行きたいですね~、4月から法規制されてる場所があるようなので気を付けて下さい。
    宮城の春は例年より2週間ぐらいは早いですかね。

  2. 名前:山遊塾 投稿日:2016/05/12(木) 21:36:43 ID:589fc6ab0 返信

    法規制は秋田県ですか?

  3. 名前:ブルーリバー 投稿日:2016/05/12(木) 22:39:13 ID:589fc6ab0 返信

    見つけましたか良かったです。
    心当たりありますが数が多いとなると違うような気がします。
    本流側でしか釣った事がありませんでした。鮎が解禁する前に釣ってみたいと思います。

  4. 名前:SHIGEZO 投稿日:2016/05/15(日) 13:18:54 ID:589fc6ab0 返信

    釣った数が判らなくなる・・・・・・・。羨ましい限りです。
    10尾以下なら間違いようがない(笑)
    ウチの近くの川が、原発事故以降、自主禁漁中なのですが、7月にヤマメのみ解禁するとの事。
    以前、唯一何尾釣ったか判らなくなるくらい釣れた事のある川なので楽しみです。
    んでも、自分の膝は、笑う前にすぐ泣いてしまう軟弱モノなのでソコをまず克服してから・・・・・・(笑)

  5. 名前:ブルーリバー 投稿日:2016/05/15(日) 22:05:51 ID:589fc6ab0 返信

    ブログやるまで自己満足の世界、まず数えませんでした。
    数えだすと、あれ、何匹だっけ?が始まり集中できないですね~(;^_^A
    自主禁漁解禁おめでとうございます。 尺ヤマメの天国になってたりして、楽しみですね。