楊貴妃 紅帝

メダカの稚魚を育てている黒いプラ容器
メダカの稚魚が先月当たりからポツポツ孵り始めました。 只今、ミジンコを湧かした容器で育成中です。


ビニール袋で酸素パッキンされ発泡容器に入った紅帝の稚魚
読めないですよね、こちらは今話題の?『紅帝』という楊貴妃です。欲しくて探しましたが、親魚での入手が困難なため卵で購入しました。それが、今やっと全部孵りました。

器の中で泳ぐ紅帝の稚魚
もう色付いている感じで、右と右上はダルマかな。成長が楽しみです。

こちらは青幹之です。去年たくさんいましたが里子に出したり、ダルマは冬を越せなかったりで激減してしまいました。慌てて、大量育成中です。

白い容器の中で泳ぐ幹之メダカの稚魚
今年から始めたミジンコと一緒飼育、エサをやり忘れても落ちないし成長もすこぶる早いようです。少しだけ水質管理には気を使いますが超お勧めです(*^-^)
こんな訳でどんどん増殖中、水槽が手狭になりつつあります。今年は引き取ってもらえる先もないので、もし希望の方がいればメダカをお譲りしたいと思います。去年の秋に生まれた楊貴妃の若魚で写真のピンク色に見える色付き前の少し小さな個体になります。

ビオトープで泳ぐメダカ
一掬いしてみました。親は確か 楊30X朱赤系と楊30X楊30だったかと思います。

白い容器に入った楊貴妃メダカ
70サイズぐらいの発砲容器に安全匹数入れて着払いにて発送いたします。ご希望の方はコメント欄を非公開にしてメルアドを記入して下さい。後日こちらより連絡いたします。

7月15日締め切りました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする