イワナ釣り、久しぶりに行ったら ・ ・

枝の間から見える青空
待ち焦がれた久しぶりの晴天、 そして久しぶりのホームに行ってきました。


葉の上で羽根を広げるクジャクチョウ
渓流の流れ
昨日の雨で良い感じに増水していて今年一番のgoodコンディション!期待はMAXでしたが、いざ入渓してみると暫く来ない間にたくさん人が入ってしまっていたようで ・ ・
枝に引っかかった見慣れないフライ⇐絶対自分のじゃない!。川岸に無造作に捨てられている釣り針のパッケージとミミズの空箱。そして、とどめは川底に沈んだたくさんのイワナ。

水の底に沈む魚の死骸
水の底に沈む魚の死骸
毒流しを疑うような光景に、まさかですよね。釣りだとしても、ただ殺すだけなら釣らなきゃ良いのに ・ ・ ゛(`ヘ´#)  そう思いませんか?
このせいか分りませんがほんと全く釣れません(/_<)  1時間近く経っての待望の1匹目、その後も行程半分でたったの4匹です。釣れないだけに余計な作業もないのでサクサク前に進めてしまいます。

枝に産み付けられたモリアオガエルの卵
どうしてしまったのか?   水温も計ってみましたが ・ ・ ・ ・

コケの上に置かれた水温計
僅か11℃、この季節にしては少し低いような気がします。原因はこれかな?魚はいるようですが・・(´Д`) =3 ハゥー釣れませんね。もう完全に諦めモード、気分転換にいつ作ったのかも忘れた試作毛針を結んでみました。

苔生した岩の上に置かれたフライロッド
名前が分かりません。
とりあえずティムコ エアロドライウィング制のウイングが付いてるので、フライングブラックパラシュート?・ ・ ・ ・ まんまですね~でもいかにも釣れそうなシルエット。
早速試し釣りしてみると、よ~く見えて ・ よ~く浮いて ・ そして、よ~~~く釣れてしまいましたw( ̄△ ̄;)w!

ランディングネットの上に横たわるイワナ
水の中のイワナ
フライロッドとランディングネットの上のイワナ
最後には奇形魚まで、

コケの上に置かれた奇形イワナ
あんなに魚っ気がなかった流れの中から飛び出してくる感じです。まさに ”目から鱗” 感動さえ覚えました。それからが怒涛のラッシュで、2個の試作毛針がボロボロになるまで釣れ続けました。結局終わってみれば27匹を追加して、この日の釣果はイワナX31匹でした。
毎回、どうしても浮力を優先させてしまうためエルクヘアカディスの一本調子でしたが、この件で改めてマッチザハッチの重要さ再認識させられました。三日坊主になりそうな気もしますが次回から毛針のバリエーションをもう少し増やさなければと反省です。
特にフライングブラックパラシュート!? は大量に巻き巻きですね♪( ̄▽+ ̄*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする