マタナゴを探して北へ北へ

奥羽山脈と田んぼの風景
まだ間に合うだろうか?  久しぶりに朝早く起きて岩手方面に出掛けてきました。


この季節なら見つけ易いだろうとマタナゴ探しです。北上しながらあちこち寄り道しての探索でしたが小川でも溜池でも水が澄み過ぎてタイバラ1匹見つかりません。

田んぼに生える草

方々回って見つけた魚種もドジョウ・モツゴ・ジュズカケハゼ・ヨシノボリ・コイ・フナと少なめです。夕暮れ近くになりましたが、それ以上の成果はありませんでした。これで探索を諦めて去年タナゴを釣り上げた場所を目指します。

ヨシが覆う水辺
その場所です。去年はたった1匹釣り上げただけでしたが、今回は水中に黒く見えるぐらい沢山の大きなタナゴが群れているのが確認できました。ここは流れと生い茂る草のため大変釣り難いのですが草をかわして上手いこと鼻先に餌を流してやれると面白いように釣れてきます。

掌の上のマタナゴメス
しかも、釣れるのは貫録のあるビックマタナばかりなんです(=v=)

掌の上のマタナゴオス
婚姻色も全盛期でみんな真っ黒、間に合いましたよ。

入れ物に並んだマタナゴ
掌の中のマタナゴ
この度、初めて岩手産マタナの婚姻色を見ましたが違和感を感じるほど色合いが違います。宮城県産は見慣れていたので、これと比べると写真では分からない色の違いまで容易に判りました。岩手のマタナはどちらかと言えば赤が強く、一方宮城のは鮮やかなブルーが目立ちます。と言っても他の場所を知らないのでここの個体群だけの特徴かもしれませんが・・・同じ魚種なのに不思議ですね。
もう時間、30分しか経っていませんが釣りはここまで、せっかく来たのでもっと楽しみたい気分でしたが帰りの事もあるので泣く泣く切り上げました。それでもこんなに釣れるとは思ってもいなかったので大満足の帰宅となりました。

入れ物に並んだマタナゴ
家に戻ってからこの日の走行距離を確認すると500㎞越え、疲れるはずです。最後に釣れなければ大変なことになっていましたね。今年の岩手方面はこれを最後にしたいと思います(;^_^A

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする