毛鉤で海小物

展望台から眺めた牡鹿半島
牡鹿半島方面にドライブに行ってきました。 毎度のように漁港に立ち寄っては海中を覗き込んでしまって連れはつまらなそうです(;^_^A


先端付近を折り返して鮎川付近の港内で何やらアジのような魚が群れているのを発見しましたが、釣り目的でなかったので残念ながら海釣り道具を持ってきていません。でも、気になってしまって先に進めません ・ ・ せめて魚種だけでも釣って確かめたい ・ ・ ・ ・
通年積みっぱなしのフライロッドがあるのを思い出し、それに生餌もワームも無かったので金玉ニンフを取り付けてダメもとで放り込んでみました。そしたら何と!きたよ~(≧o≦)

ニンフを口に咥えたオキタナゴ

海タナゴかな?何だか見たことがない魚。 セイゴとウミタナゴを足して割ったような魚が釣れました。

掌の上のフライで釣り上げたオキタナゴ
これが面白いように釣れてきます。毛針の力、恐るべし。何匹か釣っていると、それに混じってシマシマのハゼも釣れました。これまた初めてなので名前が全く分かりません(^_^;)

掌の上のフライで釣り上げたキヌバリ
釣れ続くので、ついつい夢中になってしまいましたが、連れを待たせていることに気付いて慌てて納竿しました。

鮎川港内の岸壁に並ぶウミネコ
帰ってから早速、写真を元に調べてみると、どうやらオキタナゴとキヌバリという魚のようでした。身の周りには釣ったことのない魚って、まだまだたくさんいるようですね。これで生涯総釣魚種数がまた少し増えたみたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『毛鉤で海小物』へのコメント

  1. 名前:mori-s 投稿日:2015/05/26(火) 21:01:47 ID:589fc6ab0 返信

    面白そうな釣りですね。
    引きも良さそう。

  2. 名前:ブルーリバー 投稿日:2015/05/26(火) 22:52:14 ID:589fc6ab0 返信

    変わった釣りです。
    ほぼ真下を釣るので意外と引きは楽しめませんでした。