個人的渓流釣り解禁!

雪が残る初春の山に広がる青空

少し解禁日から遅れての渓流初釣行日、朝一で人に会う用事を済ませてから急いで山へと向かいました。


今年は雪が少なかったような気がしましたがまだまだたくさん残っていますね。

雪が残る山間部の道路

見渡す限りの雪原には踏み後はなく今年は自分が入渓一番乗りのようです。

雪山に足跡

雪が残る早春の渓

用事を済ませてきたので入渓時はすでに昼過ぎ、春山特有の強風に巻き上げられた沢の水が水滴となって偏光グラスにかかります。帽子も飛ばされそう、ポッケの中へしまいこんで川沿いを上流目指して遡行しました。
これがなかなか、青空の下の山歩きは た ・ の ・ し ・ い  (* ̄∇ ̄*)

雪解け水

気温は6.5℃、水温に至っては僅か5.0℃、この状況で果たして釣れるのか?流れのあるところは避けて水深のあるトロ場を目指します。

水温計で川の水を計る

何度か流れが穏やかな所を見つけてはニンフを放って行きますが全く反応がありません。一時間ぐらい経ったかと思います。水深1.5mほどの滝壺状の淵を見つけこの日最大ウキ下1.5m以上(この長さは初めてです、普段は60cmほど)をとり、底を舐めるように探るとマーカーがどこかに引っかかったかのようにゆっくりと沈みました。それに合わせてゆっくりとロッドを立てると重い魚の引きが伝わってきます。初ヒット、結構大き目イワナのようでしたが掛かりが浅く抜きあげる手前でバラシてしまいました。それに続いて2回目のアタリでやっと釣り上げた待望の1匹は写真の雪の上に横たわるおチビさん(^^;)

雪の上に横たわるイワナ

そして今年2匹目、たぶん6寸ぐらい ・ ・ ・ これもかなり小さい。

掌にのったイワナ

水の中に帰るイワナ

このポイントでは1時間半ほど釣り続けましたが2匹を釣った後は反応もなくなり、雪の中をこれ以上進むのも大変なのでこれで引き返すことにしました。風に悩まされコンディションは決して良くはありませんでしたが久しぶりの渓流釣りは青空の下、魚も釣れてくれて気持ち良かったですね(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『個人的渓流釣り解禁!』へのコメント

  1. 名前:mori-s 投稿日:2015/03/10(火) 00:07:14 ID:589fc6ab0 返信

    雪の中お疲れ様でした。
    イワナいいですね!
    土曜日私は伊豆へ行きましたが気温4℃と伊豆ではあり得ない寒さにやられました。
    桜と海をみながら終了です。
    いいなぁ

  2. 名前:ブルーリバー 投稿日:2015/03/10(火) 22:15:27 ID:589fc6ab0 返信

    初物は小さくても嬉しいですね。
    伊豆は暖かいイメージがありますが残念でした。
    もう桜が咲いているんですね羨ましいです。